>

自分のお店の前に設置することでお客様がお店に集まる

このコラムをシェアする

デジタルモニターの効果とは

デジタルモニターにはお店のメニューや店内の様子をスライドで移すことが出来るので、自販機のジュースを買いに来た方の目に自然ととまるようになっています。
その近辺にお住まいの方なら何度も通ると思いますので、その度に店内のメニューなどが映っていれば自然と頭にも残ってきます。すぐに来店される方もいるかもしれませんし、大分後に来店される方もいるかもしれません。どちらにしても、その自販機でそのモニター映像を見なければ、もしかしたらそのお店の存在に気づかなかった方もいるかもしれません。
モニターを見ることで、お店への興味関心が高くなる効果があると言えます。
新商品や新メニューの紹介も出来るので、また来ようかな、という気持ちにもさせやすいでしょう。
視覚からくる情報、特にモニター映像のように動く情報というのは、人間の心理にかなり影響力があるのです。

シールやクーポンを商品につけておく

お店の前に設置してある自販機の商品には、そのお店のクーポンやキャンペーンシール等が貼られているものもあります。
お店のクーポンやキャンペーンのお知らせは、折込チラシやポスティングでも配布することは出来ますが、確実にお客様の手に届くものではありません。他のチラシに混ざって捨てられてしまう可能性も高いと思います。
その点、飲料についていれば確実にお客様の手に届きますし、目にもとまりやすいのです。
また、お店の自販機であればリーフボックスも設置できるので、お店のメニュー等が載っているチラシをその中に入れておくことも出来ます。
路上でチラシを配るには、まずお客様の目にとまるよう、声を大きくしたりお客様が手に取りやすい位置やタイミングなどを考えなければなりませんが、自販機に設置すればその必要がなくなり、楽に自然に手にとってもらえるようになるのです。